2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

犬がいる。

2006年12月31日(日)
30日11:30。
無事、我が家の毛玉が帰ってきました。

ラテは看護婦さんに連れられて、ちょっとご機嫌。
ナッツは診察台に乗せられて、ビビリまくり。
さすがに飼い主の顔見たら、喜んでくれたので安心しました。

さてさて、ちょっと動物病院の話。

せっかく麻酔をかけるのだから、ただ麻酔が切れるの待つだけじゃもっ
たいないと、爪きり・ラテの乳歯の抜歯、歯石取りをしてくれていまし
た。
(去勢費内で)

ここの先生は手作り食を推進派だし、とても相談しやすいし、いい病院
です。
自宅からすぐの病院は、時間外で露骨に嫌な顔されたり、診療内容が不
明瞭だったり、異様に高かったりなんでもう二度と行きません。

思えば、タカハシ家の初代猫と小陽がかかっていた病院は、こんなに良
心的で生活できるのか!?と不安になるほどいい病院でした。
初代猫がエイズと白血病のキャリアだった時、親身になって往診にも快
く応じていただきました。
往診時は「猫ちゃんかつらい時に、お金の話はやめましょう」と診察代
はいつも後日払いでした。
しかも診療費が驚くほど安い。
小陽は、ここの病院で保護された捨て猫ちゃんなので、小陽の診察代は
全て半額(ほとんど院長判断でタダでした)。去勢費もタダ。

ここの院長先生、診察に来るワンニャンに濃厚キッスを炸裂させます。
ぶちゅうぅぅぅぅって。
小陽も「里帰りだ!お帰り!!」って、ぶちゅうぅぅぅ。
それで診察代の半額もらった気分だそうです。

先生たちもいっぱいいて、診察台も4つほどありますが、常に混んでい
ました。

引っ越さなければ、ずっと通い続けたい病院でした。
なによりワンニャン目線。

初代猫が、いよいよダメかという時に「病院で処置するか否か」につい
て、助かる見込みが無かったのでしょう。
病院に移動させて針を刺しても、一時凌ぎに過ぎない。
おうちにいさせてあげたほうが、とはっきり言ってもらいました。
あそこではっきり言ってもらわなければ、病院に連れて行って痛い想い
をさせたでしょう。
結果的に自宅で看取りました。

初代猫もここの病院が里親募集を仲介していた関係で、とても良くして
いただきました。
もうあんな病院には出会えないだろうなぁ。

今通っている病院も、そこまでとは言いませんが、夫婦が安心して我が
子を託せる病院です。

そんなありがたい病院に、ラテ君おしっこかけてました。
診察台横のゴミ箱に。

しっしっしっ、って。

・・・バカ犬め。
スポンサーサイト
【編集】 |  00:27 |  日記  | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

温水くんモテ髪化計画

プロフィール

メールフォーム

社長の部屋

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

+ぐるぐるリンク+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。